2012年12月19日

自動歪取機が中部経済新聞に紹介されました

Filed under: 未分類 — admin @ 2:00 PM

平成24年4月より新事業として取り組んでおります専用機:自動歪取機について、12月13日の中部経済新聞の一面記事に紹介されました。
新聞に取り上げていただけたことをうれしく思うとともに、業界のさらなる発展に尽力していきたいと思います。

以下記事抜粋(全文)
自動車業界向けを中心に産業機械設計を手掛けるジェイ・クリエイト(本社名古屋市熱田区桜田町4の10、加藤静夫社長、電話052・872・0191)は、新事業として専用機設計に乗り出した。
第一弾としてライバルが少ないひずみ取り機を対象にする。
このほどひずみ取りの熟練技術者を採用し、ノウハウ蓄積を始めた。
新事業の売上高を3年後に全体の2割に高める。
自動車業界の生産に左右されやすい企業体質を改善する。
ひずみ取り機は、金属加工の熱処理時に出るひずみを是正する。
金属加工メーカーなどは、ひずみ取り行程を熟練技術者の手作業に頼るケースが多いという。その一方、熟練技術者の高齢化という問題を抱える。
また、ひずみがとれない部分は処分するケースもあり、不良率悪化の課題もある。
これらを背景に、今後、手作業からひずみ取り機を導入する動きが増えるとみている。
ひずみ取り機の生産やメンテナンスを手がける企業が少なく、新事業として参入余地が高いと判断した。
このほど、ひずみ取り機メーカーで勤務していた熟練技術者を採用した。
現在、ジェイ・クリエイトの若手社員に設計やメンテナンスのノウハウを伝承している。
今後、ひずみ取り機を使用する金属加工メーカーなどに営業する。当初はひずみ取り機のメンテナンスが中心だが、その後、新規導入や更新時の設計受託を目指す。加藤社長は「将来は協力会社を通じ、生産まで手掛けたい」と話している。
設立は1996年。従業員は約20人。工場内の各種検査機や搬送機器などの産業機械の設計を主力とする。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.

copyright(C)2007 J.C Corp. All rights reserved.